有利・不利

地域開発や事件、事故など偶発的に起こった出来事により、その地域への見方やランクが変わり、価格についても見直されることなどを例に挙げることができます。しかしこうした条件だけでは明らかに売主有利となってしまい、購入を規模数する人間にとっては不利だということができます。

利用権

住宅の建物が土地に対して利用権が強ければ強いほどこれを将来的に壊さなくてはならないということが考えにくくなりますから、その価値が高くなることとなります。すなわち、土地に所有権を有した上で建物を建てていれば収去をしなければならないリスクは少なくなりますから、建物の価値は低くなりません。

Copyright ©All rights reserved.マンション住宅の不動産的価値や価格.